検索
  • MICO FLEURS

MICO アーティフィシャルフラワー基礎コース


現在新規生徒募集はいたしておりません

皆様のお声から生まれました、「MICO アーティフィシャルフラワー基礎コース」

全6単位でご用意しました。

こちらでは このコースの詳細について説明させていただきます。

このコースでは、アーティフィシャルフラワーをアレンジするにあたり必要な

アーティフィシャルフラワー用はさみ

フローラルテープ

ワイヤー 数種

をお渡しします。

ワークショップでだけでなく、お家でも復習してもらいたい。アレンジを楽しんでもらいたい、そんな想いもあります。

そしてこのコースのポイントは、「MICO FLEURSが大切にしていること」がギュっと詰め込まれています。

正直基礎コース、といっていくつも「形」を勉強する必要はないと思っています。

型にはまりすぎて「自分らしさ」「個性」をなくしてしまうと、人を引き付けられない時代です。そして自分自身も楽しくないかも。

基礎は短くしっかりと、必要な部分だけ。それが私のスタイルです。

習得後はホビーコースで自分らしさを楽しんだり、(ホビーコースも隠された私の策略たっぷりです笑)

ブーケコースでプロを目指したり。

皆様の向上を全力でサポートできたらな、と思っています。

そして全6回のメニューについても下記まとめましたので、ご覧ください。

1)アーティフィシャルフラワーについて

アーティフィシャルフラワーをまず知っていただく。良いところもあれば、悪いところもあります。よくみなさんが混乱してしまうプリザーブドフラワーとの違い。

私の経験をもってお伝えしたいと思います。

また様々な形、仕様のアーティフィシャルフラワーのワイヤリング方法学びます。

基礎中の基礎、そんな内容です。

2)ラウンドアレンジ

1)でワイヤリングしたお花たちを使って、どこから見ても綺麗なラウンドアレンジを作ります。まずは綺麗に形を整える、作りたい形をイメージして、実際に形にする・・・そんなことを学んでいただく内容です。

3)ナチュラルアレンジ

アーティフィシャルフラワーをいかに生花に見えるようにアレンジするか。

私がブーケ、アレンジを作る時に大切にしているポイントでもあります。

生花、アーティフシャルの特性を理解しながら、1)や2)を生かした動きのあるアレンジを作ります。

4)ボックスフラワー

私が大切にしているポイントのひとつに、色合わせがあります。

色合わせ、そして配置するポイントについて学んでいただく内容です。

色合わせについては感性が生み出すものでもありますが、まずは美しい色合わせを知ることが大事。そこから自分らしさを見つけていけると思っています。

5)花束

花束、ブーケ、ともに重要なテクニック、スパイラルという技法を学びます。

そして今後に役立つループリボンの作り方、ラッピングの仕方・・・フラワーショップでの実績があるMICOだからこそ伝えられるラッピングのノウハウをお伝えします。

6)フリーアレンジメントー花材費別ー

1−5で学んだことをいかす、フリーアレンジメント。

テーマにそって、または器に合わせて自身で自由に花材を選びアレンジしていただきます。これは合否テストではありません。

成長を自分で感じてほしい、自由にアレンジすることの楽しさを知ってほしい、

今後の課題や、個性を見つけ出してほしい、そんなテストです。

ワークショップのお問い合わせはこちら


344回の閲覧
  • Grey Instagram Icon